So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

米アマゾンで絶賛 "ニッポンの味”(産経新聞)

 ■マヨネーズ、とんかつソース、きのこの山… 

 日本の“庶民の味”が米大手通販アマゾンを通じてひそかな人気になりつつある。米国では、日本のお菓子や調味料は日本食品店などでしか入手できなかったが、アマゾンの取扱商品が広がったことで、自宅にいながらワンクリックで購入可能になったためだ。アマゾンのサイトでは、日本の絶妙な味付けの菓子や何にでも合う調味料に、病みつきになるリピーターが続出しているという。サイト上でも称賛が寄せられ、販売増につながる好循環が生まれつつある。(今井裕治)

 「こんなにもおいしくなり得るなんて誰が知っていたのか」。米アマゾンのサイト上で、ユーザーから絶賛を受けているのがキユーピーの「マヨネーズ」だ。

 7月現在、12人のユーザーがレビューを書いているが、うち11人が最高評価の5つ星を与え、トータルの評価でも、5つ星を獲得している。キユーピーによれば、同社の米国でのマヨネーズ販売は近年、平均2〜3%の伸び。同社広報室では「米国販売での販売は、アマゾン効果かどうかは分からないが、じりじり伸びており、今後もその傾向が続く」と話している。

 調味料・香辛料分野では、ブルドックソースの「とんかつソース」や「S&Bの「粉からし」「七味唐辛子」も、ともにユーザー評価で5つ星を獲得するなど人気が高い。「健康志向の高まりを背景に日本食がブームとなっており、日本食にぴったりの調味料が、高評価を受けているようだ」(日本の食品アナリスト)

 日本のお菓子も頑張っている。特に、明治製菓のチョコレート菓子「きのこの山」と「たけのこの里」が、販売ランキングでは上位につける。約35万点ある食料品の中で、「きのこの山」が1万2920位、「たけのこの里」は3万854位(7日現在)。日本では両者が人気争いをしてきたが、“因縁の対決”は米国では「きのこの山」に軍配が上がった。米アマゾンのユーザーのカスタマーレビューでも、「きのこの山」を評価した11人のうち10人が5つ星を付け、「たけのこの里」は3人のうち2人が5つ星だ。

 明治製菓は、19年秋から「きのこの山」の名称を、それまでの日本語表記から「チョコルームス」に変更して米国で販売。すると、20年には売り上げが前年比で倍増し、21年は5・5倍と急拡大した。今年4月には「たけのこの里」の名称も「チョココーンズ」として売り出しており、「きのこの山、たけのこの里の両商品で、販売増を目指したい」(同社広報)という。

 日本の食品メーカーは国内に依存した事業を展開してきたが、少子高齢化や人口減少などで先行きは厳しく、将来の成長に向けて海外市場の開拓が急務だ。

 米国で人気に火が付けば「文化圏が似ている欧州でも受け入れられる可能性は高い」(大手食品メーカー幹部)と地域的な広がりも予想する。さらに、日本のお茶の間で愛されている庶民的な食べ物が世界に広がれば「日本の食文化の発信にもなる」(同)と文化交流の効果にも期待している。

【関連記事】
アマゾン 日本で通販売り上げ拡大 アップル端末に無償アプリ
あゆ、「iPhone 4」欲しい 「間違いなくげっとんしたい!」
電子書籍500万冊を突破 iPadでダウンロード
ヤフーと中国のタオバオ、日中商品相互販売
オンラインポルノの売り上げ、1秒間に3000ドル

大阪府議会 維新の会が単独第1会派に(産経新聞)
「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
本社・FNN合同世論調査 「菅新首相に期待」57% (産経新聞)
千葉・八街の強盗殺人で男を起訴 15歳娘は家裁送致(産経新聞)
参院選沖縄選挙区、民主が公認候補の擁立断念(読売新聞)

鳩山内閣が総辞職へ=262日、5番目の短命(時事通信)

 鳩山内閣は4日午前の閣議で総辞職する。鳩山由紀夫首相の在任日数は262日で、現行憲法下では5番目の短命。自らが官房副長官として支えた細川護煕元首相に1日及ばなかった。退陣に伴う記者会見は行わず、十分な「説明責任」を果たさないまま政権の幕を引く。
 昨年8月の衆院選で、民主党は鳩山代表の下で単独過半数を獲得し、政権交代を実現した。「政治主導」「脱官僚依存」を掲げ、2010年度予算編成では、公開の場で予算の無駄遣いに切り込む「事業仕分け」で世論の注目を集めた。
 しかし、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題で政権は早々と失速。沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題でも迷走を重ね、内閣支持率は20%前後に急落。参院選を目前に退陣に追い込まれた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

鳩山首相 梅生産者の表敬に「元気になるねえ」(毎日新聞)
鳩山首相辞任 4日に新代表選 小沢氏「組閣は7日」(毎日新聞)
朝鮮学校、個人崇拝を強化 総連、金総書記の訪中映像上映指示(産経新聞)
雑記帳 鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
菅首相 官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ(毎日新聞)

「岡本ホテル」捜索 「ファンドで運用」(産経新聞)

 静岡県熱海市の老舗旅館「岡本ホテル」などを舞台に、元本保証をうたって約200億円を不正集金した出資法違反事件で、ホテル運営「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)と会員制クラブ運営「オー・エム・シー」(同)が入会者勧誘の際、「預託金はファンドで運用するので安心」と説明していたことが26日、入会者の証言で分かった。一方、捜査関係者によると、預託金の一部の数億円が使途不明になっており、暴力団が関係するヤミ金業者に流れた疑いがあるという。

 警視庁と兵庫県警などの合同捜査本部は同日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、両社やホテルなど関係先約90カ所を家宅捜索。捜査本部は勧誘時の説明と運用実態が異なるとみて、押収資料の分析を進める。

 両社は平成17年4月以降、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」への入会を勧誘する際、100万〜1千万円の預託額の元本保証を約束し、グループのホテルに宿泊できるポイント券を交付。「宿泊に使用しない場合は60〜75%で買い取る」と宣伝し、5千人超から計約200億円の預託金を違法に集金したとされる。

 捜索容疑はオ社が19年以降、数人から数億円を不正に集めたとしている。捜査本部は当初から、元本保証が確約できるシステムではなかったとみている。

 岡本倶楽部は岡本ホテルシステムズ社が17年4月に運営を開始。18年10月に関連会社のオ社へ運営を移管していた。

                   ◇

 ■安心させ「返金無理」

 岡本倶楽部を運営するオー・エム・シー社は、主に中高年を対象とした自宅への電話攻勢と個別訪問で、会員制クラブへの入会を募集。一方、換金・退会希望者には、繰り越しや延長を勧める手口で、不正な「預託金ビジネス」の発覚を遅らせていたとみられる。

 「元本保証でホテルにも泊まれる会員制クラブがあります」

 関東地方に住む60歳代の男性宅へ女性から勧誘電話が来たのは平成19年末。詳しい話を聞きたいと応じると、数日後に自宅へ、オ社の男性担当者が訪問してきた。退職して数年がたち、第二の人生を歩み始めた男性にとって、会員制クラブの話は魅力的だった。「画期的なシステム」「高いランクの方が利率もいい」との勧めを受け、300万円の預託金を預け入会した。

 担当者の説明や規約によれば、男性が入会したコースは元本保証に加えて初年度に75万円、翌年から4年間は30万円分の宿泊ポイント券が付与され、宿泊しない場合は返金されるというもの。男性は数回ホテルを利用、残りを返金してもらおうと考えた。

 21年末、男性は数十万円分たまったポイントを換金するため、担当者に連絡。しかし担当者は「3カ月待ってほしい」。3カ月後に連絡すると「1年待ってほしい」「換金を繰り越してはどうか」と繰り返すばかりだった。

 男性が「説明と違う」と詰め寄ると、担当者は「お金が回っておらず、今は返金できる金がない」と打ち明けたという。

 「数千人が入会するクラブなのに1人分の換金もできないのか」

 不信感を募らせた男性はクラブの退会を申し出たが、今も元本、ポイント分ともに未償還のままだ。

 預託金返還訴訟の代理人を務める藤森克美弁護士によると、岡本倶楽部に関する被害相談はこれまで1都2県の計12人に上り、うち8人が損害賠償を求める訴訟を起こしている。藤森弁護士は26日、東京地裁にオ社の破産を申し立てた。詐欺容疑での刑事告訴も検討中という。

 岡本倶楽部は「5年後の元本返済」をうたっており、募集開始から4月末で5年が経過。解約をめぐる同様のトラブルが続出するとみられる。

首相、被害救済の特別立法に意欲=口蹄疫で政府報告と質疑―国会(時事通信)
山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し(産経新聞)
酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
<普天間移設>首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」(毎日新聞)
室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)

橋下知事、神戸空港民営化「兵庫県と神戸市で頑張って」(産経新聞)

 午前9時39分 登庁。兵庫県の井戸敏三知事らが大阪(伊丹)、関西国際、神戸の3空港一元管理を視野に神戸空港の民営化に言及したことに対し、「伊丹と関空が、神戸空港に影響されたくない。明確に切り離さないといけない。伊丹廃港に反対だったのだから、兵庫県と神戸市で頑張ってください」と報道陣に語る。

 10時 部長会議。

 11時半 知事室で報告を受けるなどする。

 午後3時 戦略本部会議。

 4時 知事室で執務。

 5時 水道部と打ち合わせ。

 6時15分 退庁。

【関連記事】
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」
普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」
橋下府知事、ビール瓶ケースの上で街頭演説
橋下府知事、民主党本部へ入るも小沢氏との会談はキャンセルに
橋下府知事、空港活性化案「就任時とは隔世の感」
少子化を止めろ!

<鵜飼>幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕(毎日新聞)
線路から16メートル下の地面に飛び降り 東京駅で男性死亡、JR東海社員か(産経新聞)
<公務員法案>強行採決「総人件費2割減」示さず(毎日新聞)
和解協議、応じる方向 B型肝炎訴訟、政府調整(産経新聞)
微生物がレアメタル回収 新たな循環型技術(産経新聞)

6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収−宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は21日、小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還日程(日本時間)を発表した。6月13日午後8時ごろ、小惑星イトカワの砂が入っている可能性があるカプセルを探査機本体から分離する。カプセルは同日午後11時ごろに大気圏に突入し、オーストラリア南部ウーメラの砂漠地帯に落下する見通し。
 はやぶさは2003年5月に鹿児島・内之浦からM5ロケットで打ち上げられ、05年11月にイトカワに着地した。岩石や砂の採集装置がうまく働かなかったが、着地時に砂が舞い上がり、ふたを開けておいたカプセルに入った可能性がある。
 カプセルはウーメラで回収された後、約1カ月かかって相模原キャンパス(相模原市)に運ばれる。砂が入っていれば、太陽系の起源を探る貴重な研究材料となる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
元気な姿、重力疲れも=「忙しかった」「地球美しい」
「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵

介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査−警視庁(時事通信)
「密閉不十分で燃料漏れ引火」ベトナム機エンジン火災で運輸安全委(産経新聞)
<普天間移設>民主県連が「徳之島」撤回要請へ(毎日新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)

<自民党>郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任(毎日新聞)

<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、殺害された岩瀬一美さん(58)の毎月の給料を無職の長男、高之容疑者(30)=殺人容疑などで送検=が管理していたことが分かった。

 一美さんの同僚によると、一美さんは約30年前から豊川市内のガス会社に勤務。次男(24)の会社関係者らによると、給料を管理していたのは高之容疑者で、20万〜30万円の収入から一美さんに5万円、母正子さん(58)に4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていたという。

 こうした状態について、次男は会社関係者に「父が兄に強く言えない」と話していた。一美さん自身も親族に「私が言うと(高之容疑者が)怒るんだよ」と困った様子で話していたという。【沢田勇】

【関連ニュース】
愛知・豊川の家族5人殺傷:ネット回線再解約が引き金に
愛知5人殺傷:ネット競売で借金300万円 警察に父相談
愛知5人殺傷:家族に強い怒り 長男、執拗に何度も刺す
家族5人殺傷:容疑の長男、以前からトラブル…愛知
殺人:ネット解約され家族5人刺す…父と1歳児死亡 愛知

検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)
鳩山首相「最大の敗者」 核安保サミットで米紙(産経新聞)
<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否(毎日新聞)

<原子力白書>核不拡散など課題 初の「ですます調」記述も(毎日新聞)

 政府の原子力委員会は9日、09年版原子力白書を公表した。親しみやすさを狙って初めて「ですます調」の記述を取り入れた。「多くの国民に読んでもらい、原子力を議論する文化を築きたい」としている。

 白書は冒頭で「新政権の方針」として、温暖化対策と核不拡散を課題に挙げた。日本の温室効果ガス排出量を20年までに90年比25%削減するという目標達成に向け「原子力利用に着実に取り組む」と記述。「核なき世界」をうたったオバマ米大統領のプラハ演説を紹介し、国際核不拡散体制を強化するため日本が主導的に活動すべきだとした。

 近藤駿介委員長ら原子力委員5人によるコラムを新設し、顔写真も掲載した。従来、4500部印刷しても半数程度しかさばけなかったが、今回は5000部に増刷を検討。原子力事業者のほか、都道府県や原子力施設がある市町村に配布する。【関東晋慈】

【関連ニュース】
海洋観測船:二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合
日本野球機構:森林整備支援で北海道の4町などと協定
自民党:「地球温暖化対策基本法案」の対案を提出
温暖化対策法案:12日に閣議決定へ 排出総量規制基本に
COP16:新条約、来年に先送りの可能性 墨環境相示唆

3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機−ヒーター故障で過電流? (時事通信)
「ナイトスクープ」岡部まりさん、民主擁立へ(読売新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
ペット死体の大量投棄「被害者の会」結成へ(読売新聞)
米兵裁判権放棄を裏付け=外務省調査で関連文書発見(時事通信)

自民、異例の全職員朝礼=谷垣総裁が参院選へ「檄」(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は9日午前、党本部で全職員約160人を集めた朝礼を開き、「自民党を再生し、新しい時代を切り開くチャレンジャーとして、職員一人一人が志を持ってほしい。一緒に戦おう」と述べ、参院選に向け一丸となるよう檄(げき)を飛ばした。
 朝礼は非公開で大島理森幹事長も出席。総裁が党職員を一堂に集めて朝礼を開くのは異例だが、政党支持率が伸び悩み、離党者も相次いでいることから、職員の士気を高める狙いがあったようだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「文化の殿堂」厚生年金会館閉鎖 東京、大阪それぞれの「運命」(J-CASTニュース)
<宅八郎氏>不起訴処分に…神戸区検(毎日新聞)
<若林元農相>議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
ため池で発見の3歳女児、病院で死亡確認(読売新聞)
薬物犯罪で死刑に波紋、日弁連「厳しすぎる」(読売新聞)

老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)

 4日午後1時45分頃、愛知県小牧市小木東の国道41号交差点で、老人ホーム「グループホームゆうあい」(小牧市小木南)職員丸山琴さん(34)(愛知県岩倉市東町)運転の同ホームの軽乗用車と、同県豊山町豊場、会社員岡本由紀子さん(38)の乗用車が衝突した。

 軽乗用車の後部座席に乗っていた入所者の安藤鈴子さん(81)と竹田ワキさん(93)が全身を強く打つなどして死亡、丸山さんも軽傷を負った。

 県警小牧署の発表によると、丸山さんは2人を乗せ、近くのスーパーに買い物に行く途中だった。同ホームは、小牧市内のお年寄り9人が入所している。

<消費者基本計画>食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定(毎日新聞)
学習塾に1億円賠償命令=講師が女児殺害、使用者責任認める−京都地裁(時事通信)
<囲碁>挑戦権獲得目指し対決 本因坊戦リーグ最終戦(毎日新聞)
<生きる>募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
政府・民主が政権公約会議初会合(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。