So-net無料ブログ作成

「岡本ホテル」捜索 「ファンドで運用」(産経新聞)

 静岡県熱海市の老舗旅館「岡本ホテル」などを舞台に、元本保証をうたって約200億円を不正集金した出資法違反事件で、ホテル運営「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)と会員制クラブ運営「オー・エム・シー」(同)が入会者勧誘の際、「預託金はファンドで運用するので安心」と説明していたことが26日、入会者の証言で分かった。一方、捜査関係者によると、預託金の一部の数億円が使途不明になっており、暴力団が関係するヤミ金業者に流れた疑いがあるという。

 警視庁と兵庫県警などの合同捜査本部は同日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、両社やホテルなど関係先約90カ所を家宅捜索。捜査本部は勧誘時の説明と運用実態が異なるとみて、押収資料の分析を進める。

 両社は平成17年4月以降、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」への入会を勧誘する際、100万〜1千万円の預託額の元本保証を約束し、グループのホテルに宿泊できるポイント券を交付。「宿泊に使用しない場合は60〜75%で買い取る」と宣伝し、5千人超から計約200億円の預託金を違法に集金したとされる。

 捜索容疑はオ社が19年以降、数人から数億円を不正に集めたとしている。捜査本部は当初から、元本保証が確約できるシステムではなかったとみている。

 岡本倶楽部は岡本ホテルシステムズ社が17年4月に運営を開始。18年10月に関連会社のオ社へ運営を移管していた。

                   ◇

 ■安心させ「返金無理」

 岡本倶楽部を運営するオー・エム・シー社は、主に中高年を対象とした自宅への電話攻勢と個別訪問で、会員制クラブへの入会を募集。一方、換金・退会希望者には、繰り越しや延長を勧める手口で、不正な「預託金ビジネス」の発覚を遅らせていたとみられる。

 「元本保証でホテルにも泊まれる会員制クラブがあります」

 関東地方に住む60歳代の男性宅へ女性から勧誘電話が来たのは平成19年末。詳しい話を聞きたいと応じると、数日後に自宅へ、オ社の男性担当者が訪問してきた。退職して数年がたち、第二の人生を歩み始めた男性にとって、会員制クラブの話は魅力的だった。「画期的なシステム」「高いランクの方が利率もいい」との勧めを受け、300万円の預託金を預け入会した。

 担当者の説明や規約によれば、男性が入会したコースは元本保証に加えて初年度に75万円、翌年から4年間は30万円分の宿泊ポイント券が付与され、宿泊しない場合は返金されるというもの。男性は数回ホテルを利用、残りを返金してもらおうと考えた。

 21年末、男性は数十万円分たまったポイントを換金するため、担当者に連絡。しかし担当者は「3カ月待ってほしい」。3カ月後に連絡すると「1年待ってほしい」「換金を繰り越してはどうか」と繰り返すばかりだった。

 男性が「説明と違う」と詰め寄ると、担当者は「お金が回っておらず、今は返金できる金がない」と打ち明けたという。

 「数千人が入会するクラブなのに1人分の換金もできないのか」

 不信感を募らせた男性はクラブの退会を申し出たが、今も元本、ポイント分ともに未償還のままだ。

 預託金返還訴訟の代理人を務める藤森克美弁護士によると、岡本倶楽部に関する被害相談はこれまで1都2県の計12人に上り、うち8人が損害賠償を求める訴訟を起こしている。藤森弁護士は26日、東京地裁にオ社の破産を申し立てた。詐欺容疑での刑事告訴も検討中という。

 岡本倶楽部は「5年後の元本返済」をうたっており、募集開始から4月末で5年が経過。解約をめぐる同様のトラブルが続出するとみられる。

首相、被害救済の特別立法に意欲=口蹄疫で政府報告と質疑―国会(時事通信)
山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し(産経新聞)
酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
<普天間移設>首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」(毎日新聞)
室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)

橋下知事、神戸空港民営化「兵庫県と神戸市で頑張って」(産経新聞)

 午前9時39分 登庁。兵庫県の井戸敏三知事らが大阪(伊丹)、関西国際、神戸の3空港一元管理を視野に神戸空港の民営化に言及したことに対し、「伊丹と関空が、神戸空港に影響されたくない。明確に切り離さないといけない。伊丹廃港に反対だったのだから、兵庫県と神戸市で頑張ってください」と報道陣に語る。

 10時 部長会議。

 11時半 知事室で報告を受けるなどする。

 午後3時 戦略本部会議。

 4時 知事室で執務。

 5時 水道部と打ち合わせ。

 6時15分 退庁。

【関連記事】
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」
普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」
橋下府知事、ビール瓶ケースの上で街頭演説
橋下府知事、民主党本部へ入るも小沢氏との会談はキャンセルに
橋下府知事、空港活性化案「就任時とは隔世の感」
少子化を止めろ!

<鵜飼>幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕(毎日新聞)
線路から16メートル下の地面に飛び降り 東京駅で男性死亡、JR東海社員か(産経新聞)
<公務員法案>強行採決「総人件費2割減」示さず(毎日新聞)
和解協議、応じる方向 B型肝炎訴訟、政府調整(産経新聞)
微生物がレアメタル回収 新たな循環型技術(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。