So-net無料ブログ作成
検索選択

宇佐美勝夫

宇佐美 勝夫(うさみ かつお、1869年 - 1942年)は、日本の官僚。山形県出身。帝国大学法科大学卒業。富山県知事、東京府知事などを歴任した。経歴旧米沢藩士の家に生まれる。幼名は慎平。帝国大学法科大学卒業後、高等文官試験合格。内務省参事官などを経て、1908年に富山県知事に就任。その後、韓国政府内務次官、朝鮮総督府内務部長官などを経て、1921年に東京府知事に就任。1925年、東京府知事を退任。1933年、満州国国務顧問に就任した。家族・親族池田成章の三女よし(芳子)との間に譲(夭折)、三菱銀行頭取・日本銀行総裁を歴任した洵、宮内庁長官を務めた毅と格(子に三菱ふそうトラック・バスの会長を務めた宇佐美隆)の四子を得たが死別した。成章の次女みつ(光子)はまだ独身で、妹の死後は子供達の世話をしており、家族の意向で再婚した(洵が「おばさんと暮らしたい」とせがんだという)。しかし、みつもスペイン風邪で病死し、更に後、四谷トクを後妻とした。トクとの間には一子の新(太平洋戦争で戦病死)がいた。義兄に日銀総裁を務めた池田成彬が、義弟に三菱銀行頭取を務めた加藤武男がおり、妻の姪・敏(池田成彬の長女)は三菱財閥3代目総帥・岩崎久弥の次男で三菱製紙会長を務めた岩崎隆弥に嫁いでいる。外部リンク宇佐美氏系譜米沢商工会議所 歴史と文化?行政 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E5%8B%9D%E5%A4%AB」より作成カテゴリ: 日本の内務官僚 | 東京府知事 | 山形県の政治家 | 山形県出身の人物 | 1869年生 | 1942年没隠しカテゴリ: 日本の政治家関連のスタブ項目

朝青龍、示談書を警視庁に提出(読売新聞)
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)
前原担当相 銀座の沖縄物産店を視察(毎日新聞)
首相動静(2月17日)(時事通信)
サンタ姿で放火、男逮捕=事務所に侵入、社長殺人未遂容疑−埼玉県警(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。